ロンドン留学の日々

イギリス・ロンドンの生活、文化、基礎知識を綴ります。留学・ワーキングホリデー・移住

航空券に関して

留学の費用の少なくない部分を占めるのが、「航空券」です。 特に日本からヨーロッパまでは、サーチャージなどの費用を含めると、総額10万円以上はかかりますので、躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ロンドンは需要が高い都市になりますので、毎日のように直行便が飛んでおり、とても便利です。2014年時点で直行便を就航している航空会社は、下記のようになっております。

 ブリティッシュエアウェイズ  成田から毎日1便、羽田から週5便(火~金)
 日本航空  成田から毎日1便
 全日空空輸  成田から毎日1便

日本からロンドン・ヒースロー空港までの距離は約9,615kmあり、飛行時間はおよそ12時間から13時間くらいです。 ブリティッシュエアウェイズは、イギリス各地へのアクセスも充実していますので、ロンドン以外の都市への乗り継ぎもしやすいです。 こうした直行便は乗り継ぎがないので、お金が高くなっても時間を節約されたい方や、機内でゆっくりされたい方におすすめです。 もし時間と手間がかかっても、費用を抑えたいということでしたら、乗り継ぎ便となります。乗り継ぎ便の種類としましては、ヨーロッパ乗り継ぎ、アジア・中東乗り継ぎがございます。ルートとしましては、まずその航空会社の拠点となる空港に行き、そこでイギリス行の便に乗り換えます。 下記にサンプルとしまして、いくつかパターンを記載いたします。

(アジア経由) 大韓航空    成田→ソウル→ロンドン 所要時間はおよそ16時間30分
 (ヨーロッパ経由) フィンランド航空  成田→ヘルシンキ→ロンドン 所要時間およそ14時間30分
 (西洋とアジアの中間)ターキッシュエアラインズ  成田→イスタンブール→ロンドン 所要時間およそ18時間20分
 (中東経由) エディハド航空 成田→アブダビ→ロンドン 所要時間およそ23時間 

こうした乗り継ぎ便は、追加料金なしでストップオーバー出来ることも多いです。
ですので、乗り継ぎ時間が長い時は一旦空港の外に出て、数時間アジアや中東の国での観光を楽しむ。ということも出来ます。体力のある方は、乗り継ぎ地を観光するというのも楽しいかもしれません。